購入選択権付リース

特徴

お客さまがリース期間満了時に一定の価格でリース物件を買い取ることのできる権利を有する取引となります。また買い取り権行使されない場合には二次リースにより使用期間を延長することができます。

スキーム図

購入選択権付リース

購入選択権付リース

メリット

1. 資金繰りをサポート

買い取り行使価格を設定することにより、通常のファイナンスリースに比べてリース料が低くなるため、お客さまの月々の資金負担を軽減できます。また二次リースにより物件を継続使用頂くこともできます。

2. 設備戦略をサポート

一定期間は設備を賃借し、最終的には保有する選択肢を有しておきたいというニーズに対応します。

3. 事務負担軽減をサポート

物件所有にかかわる固定資産税の申告・納付、動産総合保険の支払い、リース物件の適正な廃棄処分等の諸手続きは東銀リースが行います。

買い取り行使価格

リース物件の買取り行使価格は、リース物件の耐用年数を基礎として定率法により計算されたリース期間満了時における未償却残高に相当する金額以上で、かつ当該権利行使時の公正市場価格に比し著しく下回るものではない価格で設定します。

対象物件

情報関連機器、事務機器、産業機械、土木建設機械、輸送用機器、商業設備、医療機器、検査測定装置、環境・エネルギー設備等

物件の所有権

東銀リース(貸主)

物件の管理保守

お客さま(借主)

中途解約

原則不可

リース期間満了時の手続き

リース期間が満了する3~4か月前に東銀リースからお客さまへ満了の通知をお送りし、リース期間満了後のリース物件の取り扱いについて以下のいずれかをお選びいただきます。

  • 買取り行使価格で物件を買い取り
  • 二次リースに移行

お問い合わせ窓口

営業戦略部(スキームについて)
TEL. 03-3270-5275
営業戦略部 資産営業室(リース期間満了時の手続きについて)
TEL. 03-3270-5267
ページの先頭へ戻る