BOT Lease (Eurasia) LLCは2007年に日系総合リース会社として初めてロシアに設立されたリース会社です。日系企業向けのリース業務に加え、日系メーカーや販売会社と提携した販売金融スキームを構築し、ロシア地場資本、欧州資本の企業向け リース業務も行っています。
ロシアは日本の45倍、米国の約2倍という広大かつ地下資源豊かな国土をもち、鉱山、石油、天然ガス等の資源開発が進んでいます。また、ソチオリンピックが終わった後も、2018年のサッカー・ワールドカップの他、水泳やアイスホッケー等の大型イベントも予定され、社会インフラの整備計画も目白押しで、ビジネスチャンスは広がっています。
このような環境下、市場経済が導入されて日が浅いこともあり、長期資金調達手段としてリース市場が急拡大しています。
BOT Lease (Eurasia) LLCは、リースを通じて、主に日系メーカーの製品をロシアで販売するお手伝いをしています。日本の技術を結集した質の高い機械を現地企業が導入しやすい環境を整えることで、ロシアの経済発展に貢献すると共に、日本の製造業を支援する役割を担っています。
社名
BOT Lease (Eurasia) LLC.
設立
2007年3月
事業内容
リース業(一般動産)、その他付随業務
代表者名
General Director 林 哲久
株主
  • 東銀リース株式会社 100%
人員
46名(2016年3月末日現在)
資本金
RUB 550,904,583.01-
所在地
Business Center "Amber Plaza" 36 Krasnoproletarskaya st., Moscow, 127473, Russia
電話
7-495-775-7535
取り扱い物件
製造設備、産業機械、車両、建設機械 等
お客さまからのニーズ
長期固定資金、加速償却、外貨建てリース、販売金融
2007年3月
BOT Lease (Eurasia) LLC.設立(2007年12月開業)

所在地: Business Center "Amber Plaza" 36 Krasnoproletarskaya st., Moscow, 127473, Russia

TEL: 7-495-775-7535

ページの先頭へ戻る