先輩社員に聞く、東銀リースQ&A

file.09

木原 諒介

2013年入社 建設機械部
卒業学部:商学部

所属部の紹介をして下さい。
当部では、土木建設現場で使用される油圧ショベルやクレーンなどの建設機械を主に取り扱っています。建設機械を導入される、国内外の建設会社や建設機械を扱うレンタル会社などのお客様に対して、リースや割賦によるファイナンス面でのサポートを行うことが主な業務です。
ご自分の仕事を紹介して下さい。
私は営業として、首都圏の既存・新規のお客様を担当しています。建設機械の購入を検討されているお客様に対し、リースや割賦などの提案を行い、案件獲得に励んでいます。
並行して北海道エリアも担当しており、札幌支店の営業担当者が手掛けている建設機械のファイナンス案件について、専門部としてのサポートを行っています。
仕事をする上で心掛けていることは何ですか?
極力自分の足を使って行動することを心がけています。FAXで済むような書類をお客様へ直接届けに行くことで、顔と顔を突き合わせて会話を交わすことができ、信頼関係の構築に繋がると考えております。また、業界のプロであるお客様と情報を共有することで、専門的な知識を蓄積させることも可能です。
社内(所属部署)雰囲気を教えてください。
私が所属する建設機械部は営業部隊の中でも人数が多い部ですが、各々がチームの為に何が出来るかを常に考える団結力のある部署です。部員同士でお酒を飲みに行く機会も比較的多く、メリハリをつけて仕事をしている人が多いことも特徴です。
当社の魅力を教えてください。
チャレンジしたい事を任せてもらえる懐の深さがあることです。私自身、1年目から担当先を持ち、諸先輩方のアドバイスもあり、仕事を任せてもらいました。また、入社2年目で初の海外出張も経験しました。個人の意見を尊重し、チャレンジを後押しする土台が当社の魅力の一つです。
ページの先頭へ戻る