先輩社員に聞く、東銀リースQ&A

file.07

K.N

2015年入社 アセット戦略部

1.ご自分の仕事を紹介して下さい。
物件の価値に依拠したアセットファイナンスに係る業務をしています。
アセット戦略部は、アセットファイナンスに欠かせない物件の価値評価を中心に行う部署ですが、私は主に航空機・航空機エンジンや船舶、半導体製造装置といった当社がグローバルなフィールドでファイナンス提供している物件に関する価値評価を行っています。具体的には、オペレーティングリースを組成する為の残価設定業務や契約期間中のモニタリング管理業務等の仕事をしています。アセット戦略部では、当社がファイナンス提供するあらゆる物件の価値評価をしており、外部の評価会社とも協業しながら、日々営業部店の業推サポートを行っています。最近では、当社海外拠点からの評価依頼が多くなってきていることから、現地の実態に合った価値評価ができる体制を整えるべく、実際に現地に赴き、市場調査を行うことも増えてきました。
2.仕事のやりがい/達成感を感じた経験を教えて下さい。
お客様の海外進出サポートができたことです。
私は入社後、福岡支店に所属し、九州域内の担当エリアのお客様に対してファイナンス営業を行っていました。入社して暫くは主に新規開拓に勤しみましたが、偶然飛び込みで訪問したお客様から海外進出を検討しているとの情報をキャッチできたことがありました。すぐさま社内と海外拠点に情報共有し、お客様の課題に解決できるファイナンス提案を迅速に行えたことで、当社とは初めての取引にも関わらず契約して頂けることになりました。海外向けのファイナンス提供においては、その国ごとの法制度等に則る必要がある為、国内とは勝手が違うことも多くありますが、海外拠点との綿密な連携により、お客様の悩みに対して柔軟に応えることができました。国内外問わないシームレスな対応ができることにより、お客様から信頼を得られたことは自信に繋がりました。
3.当社に決めた理由/好きなところを教えて下さい。
グローバルな事業展開を行う根本的なスタンスに魅かれました。
私は様々な業界との関わりが持てるという観点から金融業界をメインに就職活動を行っていました。そのなかでも、「物を介して資金を提供する」というリースのビジネススタイルに興味を抱き、とりわけ銀行系と言われるリース会社は一通り説明会等に参加しました。当社の説明会では、当社がもともと国内唯一の外為専門銀行であった東京銀行を母体として設立されたリース会社であることから、設立以来海外展開に積極的であるという話を聞き、グローバルな事業展開を行うその根本的なスタンスに魅力を感じました。面接においても、なかなか自分の思いを伝えられない会社が多くあるなかで、当社の面接は常に自然体で会話ができた印象があり、面接が進むにつれて社風も自分に合っていると感じられたことが当社への入社を決断する決め手となりました。
4.これまでのキャリアを教えて下さい。
2015年4月入社:福岡支店→アセット戦略部(現職・2017年10月~)
5.就職活動中の学生へ一言お願いします。
恥ずかしながら、私は就職活動を始めるまでリース会社という存在自体を知りませんでしたが、現在リース会社の一社員として働いています。就職活動では、私のように思いがけない展開が待ち受けていることもあるかと思います。逆に言えば、先入観にとらわれず、柔軟な姿勢で就職活動に臨むことで、新たな興味を発見できる可能性もあります。人生において就職は重大な選択のひとつですが、だからこそ気負わず、ありのままの自分を表現できる会社を見つけて欲しいと思います。
ページの先頭へ戻る