サプライヤー情報交換制度に関するお知らせ

このたび当社においては、下記のとおり、販売業者・サプライヤー(以下「お取引先様」といいます。)に関する情報を収集・利用するとともに、当社が加入するサプライヤー情報交換制度で利用等いたしますので、お知らせいたします。

1. 趣旨
当社が加入する社団法人リース事業協会(以下「協会」といいます。)及び当社を含む協会の会員会社(以下「会員会社」といいます。)においては、小口リース取引に関するリースユーザーの苦情を解消するため、様々な対応策を講じております。
今般、協会及び会員会社においては、リースユーザーの保護と小口リース取引の健全な発展のため、サプライヤー情報交換制度(以下「本制度」といいます。)を立ち上げて、会員会社間でお取引先様の情報を利用等することといたしました。
本制度は、協会及び会員会社の社会的責務として、公益目的のために実施するものであり、お取引先様におかれましても、本制度の趣旨をご理解くださいますようお願い申し上げます。
2. 利用・収集・登録する情報

当社においては、お取引先様及びその代理店に関する次の情報(以下「サプライヤー情報」といいます。)を収集・利用するとともに、本制度において、サプライヤー情報を登録し、本制度に参加する会員会社間で利用いたします。
また、本制度において、サプライヤー情報は、当社とお取引先様との提携契約の終了に係らず(またお取引先様とその代理店との提携契約の終了に係らず)、登録した日から5年間登録されます。

〈サプライヤー情報〉

  1. ① 名称、住所、電話番号
  2. ② 当社及び会員会社がお取引先様との間の提携契約を解除した事実及び当社及び会員会社がお取引先様(お取引先様の代理店を含みます。)から斡旋された顧客について一律に小口リース取引の申込みを受け付けないこととした場合等の事実
  3. ③ 顧客等(当社のリース契約先等又は連帯保証人、これらの代理人を含みます。)からのお取引先様(お取引先様の代理店を含みます。)の取引行為に関する苦情を受けた事実
  4. ④ 上記の①から③に付随する情報

    1. ※1. 上記の①から④の情報には、個人情報は含まれません。
    2. ※2. 苦情とは、顧客等からの、お取引先様(お取引先様の代理店を含みます。)の取引行為に関する不満足の表明を意味します。本制度では、上記④のとおり、顧客等から苦情を受けた事実を登録します。当社におきましては、顧客等の苦情を解消等するため、お取引先様にご連絡を差し上げる場合がございますので、その際はご協力くださいますようお願いいたします(お取引先様の代理店の取引行為に係る苦情についても、お取引先様にご連絡を差し上げます。)。
    3. ※3. お取引先様の代理店の取引行為に係る苦情も、お取引先様のサプライヤー情報として登録します(上記④に含まれる情報として、代理店名の名称、住所、電話番号等を登録します。)。
    4. ※4. 上記②の情報については、平成26 年1 月1 日以降に発生した事実を登録します。
3. サプライヤー情報の利用目的

当社及び会員会社においては、サプライヤー情報を次の目的にのみ利用いたします。

  1. お取引先様から斡旋された顧客との間で小口リース取引を行おうとする場合の取引内容等の審査等の参考情報
  2. お取引先様と提携契約を締結するに際しての審査・判断の参考情報
  3. お取引先様と提携契約を締結した後のお取引の管理又はお取引継続の判断の参考情報
4. その他
サプライヤー情報の開示等に関するご案内並びに本制度に参加する会員会社名については、協会ホームページ(http://www.leasing.or.jp)に随時掲載します。また、本制度の変更等に関するお知らせは、当社からお取引先様への通知又は当社が適当と認める方法で行います。

以上
(照会先:東銀リース株式会社営業戦略部 電話03-3270-5275)

ページの先頭へ戻る